乾燥肌や敏感肌は、日焼け止めをできるだけ使わない方が良い・・・

日焼け止めはどのようなものでも、お肌に少なからず負担をかけるので、乾燥肌・敏感肌の方は、できれば使わないに越したことはありません。しかし、紫外線によるダメージも大敵です。

VCホワイトUVベースは、極力お肌に負担を与えないことを第一に開発された、デリケートなお肌のための日焼け止め下地です。

特徴1: 紫外線散乱剤(酸化チタン)のみで紫外線カット

ホウセンカ紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤だけを使用しました。また、紫外線拡散剤は酸化チタンだけを使い、低刺激でお肌も乾燥しにくくしました。

特徴2: クレンジングなしで落とせます

NMF

SPF値の高い日焼け止めは、汗や水で落ちにくい一方、落とすのに強いクレンジングが必要になります。強いクレンジングの使用は、お肌のバリア機能の低下により、さらに敏感肌になる可能性があります。

そのため、敏感肌、アトピー肌の方は、あまりSPFの高い日焼け止めを使わないことが、お肌を守るために大切になります。

乾燥肌・敏感肌のUV対策は、具体的には、SPF10〜20 、 PA+ または PA++程度の製品を選び、2〜3時間程度で塗りなおすか、 SPF10〜20 程度のUVカットファンデーションを重ね、こまめにお化粧直しをします。これにより1日中しっかりと紫外線をカットすることができます。

VCホワイトUVベースは日常生活に必要なSPF(SPF15・PA++)を確保する一方、クレンジングなしで、洗顔料だけで落とせるようにしました。

【図の出典】日本化粧品工業連合会の統一基準

特徴3. ビタミンC誘導体配合

スプレー

油溶性ビタミンC誘導体(VC−IP)(※1)を配合しました。紫外線を防ぎながら、透明感のある肌を保ちます。


※1:製品の抗酸化成分

VCホワイトUVベースのご使用方法

  1. 適量を指の腹にとり、額・ほほ・あご・首などに少しずつのせます。
  2. 肌を強くこすらないようにして、ムラにならないように薄く塗り広げます。

この商品を申し込む

VCホワイトUVベースご利用のお客様の声

肌が荒れないのに感動しました

KKSY様/広島県

 数年前から春先になると、ほこりや花粉等のせいで肌が荒れる事が多く、3月、4月、5月の日差しでシミ、ソバカスを防ぐことをあきらめていたのですが、初めてこの日焼け止めを使ったとき、肌にのせた際の使用感が軽く、長時間化粧を落とさなくても肌も荒れないのに感動しました。
 今まで使っていた日焼け止めは、少々油っぽく、においも気になっていましたが、今は全然気にならずにいます。
 年齢的にもシミ、ソバカスがどんどん気になり、日焼け止めのクリームを探していたら、とても肌に合う商品が見つかり、子供にも使えそうなので、嬉しいです!

つけ心地がとっても良いんです

にゃんた様/栃木県

 VCホワイトUVベースを使用しています。これはとっても大好きです。ほんの少しの量ですぅ~っとのびるし、べたつかずに肌になじむんですよね。肌にのばしているとき、とっても軽い感じで、つけ心地がとっても良いんです。
 最初、30gってすぐに使い終わってしまうよなぁ~と思っていたのですが、ほんの少しでもOKな位のびが良いので、ずいぶん使える所もいいですね。
 これからもずっとあいようします。。

時間がたっても肌が気持ちいいです

ひゅうら様/山梨県

 以前使っていたものは、時間がたつと化粧がくずれやすく、だんだん肌がベタベタしてきたのですが、VC White UV Baseはとってもサラサラしていて、使い心地がいい!!時間がたっても、肌が気持ちいいです。
 私が気になっていた肌に刺激を与えるような成分も入っていなかったので、とっても安心です。
 まだ使い始めたばかりですが、今の調子だと間違いなくVC White UV Base2つ目をを買っちゃいそうです。。

※お客様の声はすべて個人の感想です

お申し込みはこちらから

商品イメージ

VCホワイトUVベース

価格:¥4,536-(税込)

買い物カゴに入れる

【全成分】水・トリエチルヘキサノイン・BG・グリセリン・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・酸化チタン・(C12-16)アルコール・スクワラン・水添ナタネ油アルコール・ジメチコン・ペンチレングリコール・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・水添レシチン・パルミチン酸・シクロメチコン・フェノキシエタノール・キサンタンガム・グリチルリチン酸2K・カミツレ花エキス・クララ根エキス

 

 

Page top icon